豊洲のモメンタムワーカー(湾岸マンションよ!新高値を追え)

豊洲近辺での子育て世代の父親として綴ります。株主優待の消化等もついでに記録します。

コーヒー(完全無欠)の楽しみ方

もともとコーヒーは好きだったが、

『シリコンバレー式 最強の食事』(デイブアスブリー著)にハマって、健康診断数値が一気に改善してから、スペシャリティコーヒーをマメから挽いて、飲むようになった。いろんな選択肢があって自分としては、結構迷ったのだが、結局amazonのBest Buyに落ち付きてきた。

 

ご参考までに購入履歴と、使用後のレビューを備忘迄に記載。

  

 

  

 

現時点での構成(2017年7月時点)

コーヒー豆

シリコンバレー式では、品質の良い、カビ毒の少ないコーヒーを勧めており、日本だと、スペシャリティコーヒーがその基準を満たしているということなので、

近くのスーパーで、スペシャリティコーヒー豆を購入している。

経験的に、中南米産がカビ毒が少ないような気がする、とデイブアスブリーは書いているが、個人的な好みが、グアテマラだったので、そのままグアテマラをよく飲んでいる。

 ※安いコーヒー豆が低コストなのは、低品質な豆を使っているだけではなく、カビ毒に侵されがちな傷んだ豆を高い割合で含んでいる為。

※また単純なオーガニックでも有害な加工法を取れば、カビが生えてしまうらしく、欠点豆の除去基準などの問題があるらしい。そうした意味では日本で買うなら、安全基準を満たした”スペシャリティ”コーヒーが良いのか。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

 浅煎りの方が良いらしいと

 

コーヒーミル(電動) 3000円ぐらい

Kalita 電動コーヒーミル CM-50 (ホワイト)

Kalita 電動コーヒーミル CM-50 (ホワイト)

 

手で豆を挽くのは、意外と大変。たまに4,5人分挽く時は電動がいい。

時間のない朝に飲むこと。

手入れもそんなに手間ではない。 

 

コーヒーサーバー

当初はマグカップに直接ドリッパーをのせていたけど、妻も飲むようになり、サーバーが必要になった。セリア等で100円で売っていないかと、考えたものの、ハリオのものが700円とやすかったので、購入することにした。

・環境ホルモン等が出にくいプラスティックを使っている、

・電子レンジでも使える。

・デザインもオーソドックスで良い。

・値段も手頃

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

 

 

ドリッパーは、紙か 金属か?

当初は、金属ドリッパーを使っていた。

その理由は、

・ペーパーフィルターを毎回買うのは面倒。

・ペーパーフィルターは使い捨てなので、金属ドリッパーの方が初期コストは高いが、経済的。

・コーヒーの香り、コーヒーオイルが楽しめる(ペーパーフィルターだと、コーヒーオイルを紙が吸収してしまうが、金属ドリッパーだと吸収されない。)

という三点。

 

ペーパーフィルターに変更した理由は、

・コーヒーオイルが健康に良くない

という説があること。

wol.nikkeibp.co.jp

 

コーヒー抽出液の表面に浮かぶ油分には、カフェストールとカーウェオールという、コレステロールを上昇させる成分が含まれる。ペーパーフィルターを使い、できるだけドリップ式で淹れ、この成分を除去したほうが体にはよさそう。

  

ということで、これも一度、ハリオのものに変更した。

・値段が手頃 400円程度

・説明書きにあるスパイラルリブや空気の流れ等が美味しそうに感じられた

・専用ペーパーフィルターもリーズナブル 

 

f:id:AsadaTora:20170730145602p:plain

 

しかし、完全無欠コーヒーの本を読み直していると、作者は、

カフェストールとカーウェオールは、独特の強力な抗炎症性物質であり、酸化ストレスとDNAダメージを防ぐ。
金属フィルターで入れるとこれらの貴重なコーヒーオイルが守られる

 と記載している。(P122)

 

近年では、コレステロールの上昇が、単純に健康に悪さをしないことが分かってきている。デイブアスブリーと、岡希太郎博士のどっちを信じるかという問題になるが、取敢えずデイブアスブリーを信じることにした。

デイブアスブリーは自分の体で実験して効果があったことを書いており、岡希太郎博士は、机上の理論で、『コレステロールが高まる』→『コーヒーオイルは体に悪かろう』というぐらいの推論を記載しているに過ぎないように思えたからだ。

特に、健康業界に於いてパラダイムシフトがおこっていて、これまでは一律、脂肪=悪い とされていたが、近年の研究によって、脂肪は一律に悪いのではなく、健康に良い脂肪もあることが分かってきている。

岡氏の頭は、パラダイムシフト前(単純に油=悪い)で考えているのではないかな?と。ということで、金属フィルターとペーパーフィルターを共存させつつ、金属フィルターを一概に悪いと決めつけず、暫く自分に合うものを見極めてみることにした。

 

ちなみに、コーヒーオイルの主成分について

専門家ではないので、Wikipediaで引いてみると、

カフェストール - Wikipedia

カフェストールは、ラット抗発がん性を示した[1]。カフェストールは、核内受容体であるファルネソイドX受容体プレグナンX受容体アゴニストリガンドとして働き、コレステロールの恒常性を妨害していると考えられている[2]。カフェストールは、パーキンソン病の進行を阻害する効果も示唆されている[3]

 

カーウェオール - Wikipedia

カーウェオール (Kahweol) は、アラビカコーヒーノキの豆に含まれるジテルペンである。カフェストールと構造的に類似している。

近年の研究で、カーウェオールが破骨細胞細胞分化を阻害し、骨に対して有益な効果を持つことが示唆された[1]。別の研究では、カーウェオールが抗炎症、抗血管形成効果を持つことが確認され、未濾過のコーヒーの摂取とがんリスクの低下の間の疫学的な関係が説明された[2]

とそれなりに効果があることが書かれている(鵜呑みにはできないが)。

 

その他、かなり有意性は低いようだが、抗癌作用等が記載されているところもある。

コーヒーに肝臓ガンを予防する効果? | 最新健康ニュース

 

結論 : 単純に判断できない。

コーヒー健康問題は、さまざまなロビイスト・利害関係者が戦う主戦場であり、単純に判断できない。

→ 味の好み、飲み続けたときの体への影響を自分で感じてみて、結論を出した方が良い。

 

味・香りからすると、苦味が消えてマイルドな風味になるので、ペーパーフィルターの方が飲みやすい印象。一方、苦味も好きで、コーヒーの香りが強いほうがよいという場合は、金属フィルターの方が良さそう。

纏めると、

 ペーパーフィルター:一般受け、

 金属フィルター:苦いコーヒー好き

に向いているのではないか、と思う。

 

また、スペシャリティコーヒーは豆が選別されておりカビ毒が少ないものが選ばれているので、金属フィルターで飲んでも健康に良さそうだが、

一般的なコーヒー豆の場合は、カビ毒の含有量が多い可能性が高い可能性があるので、ペーパーフィルターを使って、コーヒーオイルもシャットアウトしてしまった方が健康に良さそうではないかと思う。

 

泡立て器(手動→電動)

バターの包み紙をはぎ、バターをスニッカーズみたいにかじりつつ、コーヒーを飲んでも同じにならない。完全無欠コーヒーは、オイルをミセルという状態にして飲んだほうが効果的と注意書されており、本気で泡立てることにした。

 

もともと、セリアで100円で買ってきた泡立て器を使っていたが、

電動でも180円程度で購入できる。 

 

 

 

 

ケトル(現状は、電気ポット)

 ハリオブランド。ドリップで淹れるほうが圧倒的に美味しいらしい。

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

 

 

2017年4月時点

完全無欠コーヒーダイエット開始。

 

金属ドリッパー(1580円)を購入。

マグカップは家にあるものがあったので、それをそのまま使用。

あとで、ペーパーフィルターに変更するのだが、手軽に始められるのは良かったかも。手入れがたいへんとあるが、多少水で流す手間がある程度。 

 

 

 

友人にも勧めているけど、ココナッツオイル・ダイエットというだけでなく、集中力を高める効果も実感できて、万人にオススメできる一冊。ライフハック系でもっとも効果を実感できた(その他は、AGA、禁煙防止のライフハックがある。)

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事